【最新刊】ブロークン・ブリテンに聞け Listen to Broken Britain

ブロークン・ブリテンに聞け Listen to Broken Britain

ブレイディみかこ

1,375円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    EU離脱、広がる格差と分断、そしてコロナ禍……。政治、経済、思想、アート、映画、テレビ番組、王室、英語、パブ…など英国社会のさまざまな断片から、激動と混沌の現在を描く、時事エッセイ集。〈目次〉 君は「生理貧困、ミー・トゥー!」と言えるか #芸術がウザくなるとき ブレグジットとUKコメディ 英国英語はしちめんどくさい エモジがエモくなさすぎて シェイクスピア・イン・エモジ パブvs.フードホール抗争に見る地べたの社会学 緊縮の時代のフェミニズム モナキー・イン・ザ・UK―ーMonarchy in the UK 『Brexit: The Uncivil War』 に見るエビデンスと言葉の仁義なき戦い Who Dunnit ? マルクスの墓を壊したやつは誰だ 『負債論』と反緊縮――グレーバーが「経済サドマドキズム」と呼んだもの グレーバーの考察――労働者階級の「思いやり」が緊縮マインドを育てる 「UKミュージック」なるものの終焉 英国ワーキングクラスの巨匠が復活――ケン・ローチとシェーン・メドウズ 多様性はリアルでトリッキーでちょっとハードーーLGBT教育のもう一つの側面 「数字音痴」の弊害――英メディアが常に予想を外す理由 『さらば青春の光』とEU離脱 ブレグジットと英国王室の危険な関係(ちょっとしょぼいけど) 後戻りができないほどの後退 闇落ちしなかったジョーカーーー『ポバティー・サファリ』のロキについて 「言(ことば)」とレゲインーー『プリズン・サークル』が照らす闇 閉じて開いて――ブレグジット・ブリテンの次の10年 ザ・コロナパニックーーわたしを英国嫌いにさせないでくれ コロナの沙汰も金しだい ロックダウンのポリティクスーー右やら左やら階級やら そしてまた振り出しへ あなたがニュー・ディールですって? 隔世の感にファックも出ない

    続きを読む
    提供開始日
    2020/10/27
    • ブロークン・ブリテンに聞け Listen to Broken Britain 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ブロークン・ブリテンに聞け Listen to Broken Britain 全 1 巻

      1,375円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(17件)
    • ブロークン・ブリ...2021/02/07Posted by ブクログ

      ブレイディみかこさんの本気は書店でよく見かけて気になっていて、今回初めて読みました。

      最初のところでまず衝撃を受けました。

      先進国であるイギリスで、生理用品すら買えない女性がいるなんて。

      わたし...

      続きを読む
    • ブロークン・ブリ...2020/11/27Posted by ブクログ

      書かれていることは、昨年から今年にかけてものされた作品と同系統。ただ本作は、私的な部分がほとんど抑えられ、公的な視点から描かれている点が特徴。それもあり、馴染みやすさの点では前作に分がある。あと、かの...

      続きを読む
    • ブロークン・ブリ...2020/11/06Posted by ブクログ

      相変わらずクール、でもどこか暖かい語り口で安心のエッセイ。最近の英国英語のカオスっぷりも非常に興味深いな。

    開く

    セーフモード