【最新刊】魚食の人類史 出アフリカから日本列島へ

魚食の人類史 出アフリカから日本列島へ

島泰三(著)

1,309円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

この本はアプリ専用です

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 809(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

なぜ霊長類の中でホモ・サピエンスだけが、積極的に魚を食べるのか? それは、もともとホモ・エレクトゥスやネアンデルタール人といった「強者」に対抗するための仕方なしの生存戦略だった。だが、人類がアフリカから世界中に拡散していく過程で、その魚食こそが飢えを満たし、交通手段を発展させ、様々な文化を生み出す原動力になった。果たして、魚食は「弱者」ホモ・サピエンスに何をもたらしたのか? 他の霊長類との比較を踏まえ、出アフリカから日本列島へと至る「大逆転の歴史」をベテランの人類学者が鮮やかに描き出す。

続きを読む
提供開始日
2020/10/26
連載誌/レーベル
NHKブックス
出版社
NHK出版
ジャンル
学術・学芸

セーフモード