【最新刊】もっと知りたい 文鳥のすべて 幸せな飼い方・接し方がわかる本

もっと知りたい 文鳥のすべて 幸せな飼い方・接し方がわかる本

監修:汐崎隼

1,793円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ★ ずっと仲良く、元気に暮らしたい。愛を育むための50のヒント! ★ 気になる毎日のお世話の仕方や ヒナから育てるときのヒント、大好きな遊び方まで。★ 鳴き声、しぐさで気もちを理解。★ 苦手なことや意外な一面も。◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆ 文鳥は江戸時代から日本人に親しまれてきた鳥です。しかし、日本国内では野外で文鳥を見かけることはありません。文鳥のふるさとはインドネシアで、日本にいる文鳥は輸入されたか、国内で飼い鳥として繁殖されたものなのです。それにもかかわらず、これほど文鳥が 身近な鳥として認識されているのは、日本人の感性に強く訴えかけてくるものがあるからでしょう。それでは、文鳥の何がそこまで日本人を魅了するのでしょうか。* 手乗りとして親しめるほどの人懐っこさ。* どこか品格を感じさせるシンプルな容貌。* どこまでも可愛らしく、心癒される歌声。* ダンスを踊っているかのようなキュートな仕草。* 人間の気持ちを理解して行動する賢さ。* 初心者でもヒナから育てられる飼いやすさ。挙げれば、まだまだありそうです。古くから改良が重ねられてきた文鳥は、飼い鳥としての一つの完成形に達している と言ってもいいのかもしれません。本書が、読者の皆様が文鳥のキモチを理解し、文鳥と一緒の幸せな暮らしを 楽しまれるうえでの一助となりますことを 祈っております。監修・イラスト: 汐崎隼 ※ 本書は2015 年発行の 『もっと知りたい 文鳥のこと。HAPPYブンチョウ生活のすすめ』 を元に、加筆・修正を行った新版です。

    続きを読む
    ページ数
    130ページ
    提供開始日
    2020/10/23
    連載誌/レーベル
    コツがわかる本

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード