風雲児たち 6巻

みなもと 太郎

699円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「解体新書」は人々に受け入れられ、杉田玄白、中川順庵らの人気は急上昇した。一方、七年の歳月をかけてエレキテルを発明した天才・平賀源内は、不遇の日々を送っていた。そして、刃傷事件を起こしてしまい…。前野良沢、林子平ら登場。

    続きを読む
    • 風雲児たち 全 21 巻

      未購入巻をまとめて購入

      風雲児たち 全 21 巻

      14,822円(税込)
      148pt獲得

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/12/24Posted by ブクログ

      図書館の本 読了

      平賀源内という人が見える巻。
      ロシア、オランダ、スウェーデン、中国とのかかわり。

    • 2012/01/09Posted by ブクログ

      引き続き平賀源内のその後?死や、まだ若い林子平の人生が描かれる。平賀源内は天才的な先見性をもっともっと再評価されるべきだよなあ。そして林の信じられないくらいの健脚と聡明さに痺れる第6巻でした!

    セーフモード