【最新刊】逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知

逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知

著:楠木建 著:杉浦泰

2,420円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「飛び道具トラップ」「激動期トラップ」「遠近歪曲トラップ」経営を惑わす3つの「同時代性の罠」を回避せよ!近過去の歴史を検証すれば、変わらない本質が浮かび上がる。戦略思考と経営センスを磨く、「古くて新しい方法論」。「ストーリーとしての競争戦略」の著者らの最新作!これまで多くの企業が、日本より先を行く米国などのビジネスモデルを輸入する「タイムマシン経営」に活路を見いだしてきた。だが、それで経営の本質を磨き、本当に強い企業になれるのだろうか。むしろ、大切なのは技術革新への対応など過去の経営判断を振り返り、今の経営に生かす「逆・タイムマシン経営」だ。そんな問題意識から、日本を代表する競争戦略研究の第一人者、一橋ビジネススクールの楠木建教授と、社史研究家の杉浦泰氏が手を組んだ。経営判断を惑わす様々な罠(わな=トラップ)はどこに潜んでいるのか。様々な企業の経営判断を当時のメディアの流布していた言説などと共に分析することで、世間の風潮に流されない本物の価値判断力を養う教科書「逆・タイムマシン経営論」を提供する。経営判断を惑わす罠には、AIやIoT(モノのインターネット)といった「飛び道具トラップ」、今こそ社会が激変する時代だという「激動期トラップ」、遠い世界が良く見え、自分がいる近くの世界が悪く見える「遠近歪曲トラップ」の3つがある。こうした「同時代性の罠」に陥らないために、何が大事なのか──。近過去の歴史を検証し、「新しい経営知」を得るための方法論を提示する。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/10/09
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • null巻2020/10/09Posted by ブクログ

      2020/10/09 逆・タイムマシン経営論 楠木建・杉浦泰
      情報過剰の時代、断片情報に振り回されるのでは無く、
      むしろ「過去の事実・歴史」から、「本質=簡単に変わらない」ものを掴み出すことを狙いとす...

      続きを読む
    • null巻2020/11/19Posted by ブクログ

      「新聞・雑誌は寝かせて読め!」。自らも経験した、近過去を資料ともに振り返ると、「何で、ああいうことが言われたのか」、「何で、あんなことに興奮したのか」が、よく見えるようになる。確かに、そうだなぁ。メデ...

      続きを読む
    • null巻2020/10/31Posted by ブクログ

      まさに!文脈こそがそれぞれの取り組みや事象に価値を与えるのであって、文脈剥離した事象を鵜呑みすることに警鐘を鳴らしている。常に激動、とか、日本企業、など疑問に思っていたことがバッサリ本質をつかれていて...

      続きを読む
    開く

    セーフモード