表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

若林正恭

789円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第3回斎藤茂太賞受賞! 選考委員の椎名誠氏に「新しい旅文学の誕生」と絶賛された名作紀行文。飛行機の空席は残り1席――芸人として多忙を極める著者は、5日間の夏休み、何かに背中を押されるように一人キューバへと旅立った。クラシックカーの排ガス、革命、ヘミングウェイ、青いカリブ海……「日本と逆のシステム」の風景と、そこに生きる人々との交流に心ほぐされた頃、隠された旅の目的が明らかに――落涙必至のベストセラー紀行文。特別書下ろし3編「モンゴル」「アイスランド」「コロナ後の東京」収録。解説・Creepy Nuts DJ松永。いざキューバへ!ぼくは今から5日間だけ、灰色の街と無関係になる。ロングセラー傑作紀行文書下ろし新章モンゴル/アイスランド/コロナ後の東京俺は誓いました。あなたのように生々しく生きていこうと。(Creepy Nuts DJ松永「解説」より)

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(109件)
    • 2020/11/03Posted by ブクログ

      リトルトゥースである。
      彼らのラジオは、いつも、何かしらの違和感を凝りほぐしてくれる。

      寝不足の通勤電車で読んだ、DJ松永の解説。思わず嗚咽でも漏れてしまうのではないかと、焦りつつも読むのを止めるこ...

      続きを読む
    • 2020/11/21Posted by ブクログ

      単行本は読んだけれど、新たな書き下ろしがあると知り文庫を再読。


      「先生、知ることは動揺を鎮めるね!」
      「若林さん、学ぶことの意味はほとんどそれです」(35ページ)

      もしかしたら、出不精ではなくて...

      続きを読む
    • 2021/01/17Posted by ブクログ

      旅行記だと思って読み始めたけれど、それだけではどうにも収まらない。
      良質な旅エッセイであり、赤裸々な自伝であり、社会を鋭く捉えたノンフィクションの様でもある。

      「オードリーの若林」を知らないものだか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード