【最新刊】阿部正弘

阿部正弘

祖父江一郎

650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    開国維新を断行した救国の宰相・阿部正弘の生涯を描く長編歴史小説である。幼少期から次代の幕政を担うエースとして嘱望されていた阿部は、17歳で家督を継ぎ、25歳で老中就任、27歳にして享保の改革を推進した水野忠邦の失脚の後をうけて老中首座に就く。以後、周囲の期待に応え責務を果たしてきた正弘であったが、西欧諸国の相次ぐ通商要求、さらにはペリー来航という空前の国家存亡の危機に直面する。幕府の対応如何では、内乱あるいは欧米の植民支配に屈するという状況であった。阿部はまず、世界情勢を的確に把握することに努め、対外貿易等の策を慎重に施しながら、一方で国内の開国派・攘夷派の対立エネルギーを見事に封じ込め、国論を開国へと統一していくのである。一部の者から、瓢箪鯰、昼行灯などと酷評されながらも、為政者として如何にあるべきかを常に問い、国家の行末に命をかけた若き宰相を再評価する意欲作である。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/10/09
    連載誌/レーベル
    PHP文庫

    レビュー

    • null巻2012/04/30Posted by ブクログ

       幕政改革、開国の両面で、幕政を担当した老中で知られる。

       若くしてその非凡さが知られ、年若く27歳にして首席老中に就任するも、39歳かで生涯を終わる。

       本書の主題は、その死にもかかわらず、側近...

      続きを読む

    セーフモード