【最新刊】すこやかな服

すこやかな服

著:マールコウサカ

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    着た人みんながくるくる回りたくなる、その秘密とは?実店舗なし、1着に4メートルの生地を使用、セールをやらない、無料の試着会を開催……。「健康的な消費のために」という姿勢のもと、新しい販売方法で美しい服を世に送り出し続けるファッションブランド「foufou(フーフー)」。服を買ってくれる人も作り手も納得のいく服と仕組み作りのためにfoufouがやっていること、さらに日々「気持ちよく消費するため」にはどうしたらいいのか?大注目のファッションブランドのデザイナーが伝える、「健康的な消費」のかたち。* 本書『すこやかな服』の著者印税は全額、株式会社ステイトオブマインドの職人育成アトリエの運営にあてられます。目次プロローグはじめに第1章: foufouのこれまでファッションなんて大嫌い。/ある本との出会い/服作りは楽しい/二度目の就職活動/天才たち/インターネットの中に/6畳の部屋からインターネットで誰かに届ける/はじめての販売/はじめての量産/ステイトオブマインドとの出会い/はじめての挫折「/試着会」と「ライブ配信」/これからのfoufou/無人の試着会/インターネットっぽいことでリアルで、リアルではインターネットっぽいことを第2章: foufouの姿勢試着会という取り組み/ライブ配信はエンターテイメント/言わないけどメイドインジャパン/セールはしないで売り切る/在庫リスクを背負うこと/数字は追わない、数字に追われない、数字と追う。/明るい機会損失/即決しないで欲しい/お客さんは神様じゃない/機能的じゃない服について/再販はライスワーク、新商品はライフワーク/お客さんの要望をどこまで聞くか/THE DRESSシリーズ「退屈な日常をドレスで踊れ」/夏は汗をかくのもシワになるのも普通なんだからいいじゃないか! 「夏をドラマチックに纏う方法」/売れる足音/顔が見える職人/試着会はサッカーに似ている/foufouの名前の由来/世界一小さくて世界一大きなブランド第3章:僕の姿勢アイディア/本は重たいSNS/矢面に立つ覚悟はあるか/No Happening No Life/デザインすること/合理的で効率がいいだけじゃ人生は楽しくない/夢見る日用品/ものを買う度に意味を求めすぎると疲れちゃう/僕らの役割/呪いを解く服/頑張らなくても続けられることを頑張ればいい/こだわらないことに一番こだわる/手元にあるカードが何か考える/八百屋みたいな服屋/インターネットなのにリアル/フックが大事/感性のチューニング/THE DRESS 500/あなたの家のドアを開けた、いつもの道がランウェイ。/「勘違い」されることを恐れないために「言葉」で伝え続ける/変えてはいけないことを変えないために、変わり続ける/やっぱりこれがfoufouのコンセプトおわりにエピローグ

    続きを読む
    提供開始日
    2020/10/09
    出版社
    晶文社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • すこやかな服
      2021/01/24
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • すこやかな服
      2021/02/17

      大好きな服。
      大好きなブランド。

      それはきっと著者である、マールさんの考え方と人柄が大好きだからだ。

      魔法のように
      マールさんの言葉はすんなりと心に忍び込み、
      まんまと可愛いお洋服だと感じて
      その...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • すこやかな服
      2020/10/03

      消費者としての姿勢、宣言

      服だけがファッションだと捉えず
      むしろ服を作るからこそ視野は広く
      高いも安いも、新しいも古いも
      良いも悪いもフラットに見て
      自分の心が豊かになるような消費をして
      自分の「ス...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード