元号戦記 近代日本、改元の深層

著者:野口武則

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 495(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

密室政治の極致、元号選定。繰り広げられるマスコミのスクープ合戦に、政治利用をたくらむ政治家、そして熱狂する国民。しかし、実は昭和も平成も令和も、たった一人の人間と一つの家が支えていた!そもそも、誰が考え、誰が頼み、誰が決めていて、そもそも制度は誰が創り上げ、そして担ってきたのか?安倍改元の真相はもとより、元号制度の黒衣を追った衝撃スクープ!!実は、現在の元号は明治以降のわずかな歴史で創られた「新しい伝統」に過ぎない。大日本帝国時代の遺制である元号は、いかにして、民主主義国家・日本の戦後にも埋め込まれてきたのか。令和改元ブームの狂騒の裏で、制度を下支えてきた真の黒衣に初めて迫る。元号制度の根幹は、砂上の楼閣と化していた――。知られざる実態を、7年半に及ぶ取材によって新聞記者が白日のもとにさらす。渾身のルポ!【目次】序 章 特命官僚 第一章 考案者捜索――誰が考えているのか? 第二章 極秘の元号研究官――誰が頼んでいるのか? 第三章 二代目研究官――誰が引き継いだのか? 第四章 安倍改元の真相――誰が決めたのか? 第五章 近代国家と元号――誰が創り上げたのか? 第六章 戦後社会と元号――誰が広めたのか? 第七章 漢籍の名門一家――誰が担ってきたのか? 終 章 脱「伝統」の選定を あとがき 主要参考文献一覧

続きを読む

セーフモード