日本は小国になるが、それは絶望ではない

50%OFF

著:加谷珪一

1,430円715円(税込) 9/30まで
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 357(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

国際競争力の低下と少子高齢化により、確実に経済が縮小していく日本。それでも日本人は日本を大国と思い、これからもそうであると思い込んでいます。しかし、数々の統計や国際ランキングは、今後、日本が大国としての地位を保つことはできないことを冷徹に示しています。間違いなく、日本は小国になります。「小国」という言葉を聞くと、ネガティブなイメージを持たれる方が多いかもしれません。ですが、世界を見渡してください。スウェーデン、フィンランド、ルクセンブルク、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド…決して大国とはいえなくても、豊かな社会を実現している国はたくさん存在します。無理に大国であろうとするより、小国になることをポジティブに受け入れれば、日本も豊かな社会を築くことができるのです。戦後最大の転換期を迎えた日本の新しい国家像を、気鋭の経済評論家が開陳します。【目次】第1章 日本は長期縮小フェーズに入った 第2章 戦後日本の本当の姿 第3章 小国が豊かになる方法 第4章 消費で経済を回す仕組み 第5章 コロナ危機は小国シフトを加速させる 第6章 小国として生きていくために

続きを読む

セーフモード