【最新刊】夫は実は女性でした

夫は実は女性でした

津島つしま

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

ある日、夫に告げられた。「私、本当は女性なんです――」 大反響のコミックエッセイ! 配偶者がトランスジェンダーであることを知った著者(妻)が描く“ふうふ”2人の日々。夫のカミングアウトにより、2人の関係は変わってゆくのか? 初めて知ること。見えた世の中。周囲の反応。そして、将来のこと……。いろいろある毎日を、ユーモアあふれる視点で描き出す。「ふつう」とは違うかもしれない。でも、どこかにいる、家族の話。

続きを読む
ページ数
125ページ
提供開始日
2020/10/13
連載誌/レーベル
アフタヌーン
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(3件)
  • 夫は実は女性でした
    2021/03/14

    トランスジェンダーについての説明がわかりやすくてよかった。暗くなく重くないタッチで描かれているので読んでいて楽しかったです。

    名称未設定 さんのレビュー
  • 夫は実は女性でした
    2021/03/13

    作者さんが何度もメッセージされているどんな人も生きやすい社会にしたいなぁと思いました

    ポメロン・ディアス さんのレビュー
  • 夫は実は女性でした
    一番乗り
    2020/10/13
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    名称未設定 さんのレビュー
他のレビューをもっと見る

セーフモード