【最新刊】中国の歴史11 巨龍の胎動 毛沢東vs.トウ小平

中国の歴史

天児慧

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「中国の歴史・全12巻」の学術文庫版、第11巻は、様々な試練を乗り越え中華人民共和国を成立させた建国の父・毛沢東と、経済大国への改革開放路線を敷いたトウ小平の二人を軸に激動の中国現代史を辿る。1921年の中国共産党結成に参加した毛は、非主流を歩み十数年後の長征中に漸く主導権を掌握する。抗日戦争後は国民党の蒋介石に挑戦、文化大革命では紅衛兵を動員し政敵・劉少奇を追放した。継続革命論者でその政治手法は敵を見据えてからどう打倒するか戦略を練る「軍事芸術」とも言われる。一方、毛の忠実な部下だったトウは、黒い猫でも白い猫でも鼠を捕る猫は良いとした「黒猫白猫論」を説いたリアリスト。文革と不倒翁・周恩来の逝去後に二度も失脚したがいずれも復活。毛沢東夫人の江青ら文革「四人組」逮捕後の再復活後は改革開放路線に邁進して経済大国の道を切り拓く。変わりゆく状況を的確に判断し次々と最適の選択をする「政治芸術」の人とも評される。この対照的な二人の生涯を縦糸にして清朝末期から中華民国成立、日本の侵略、国共内戦、1949年の中華人民共和国建国宣言を経て朝鮮戦争、中ソ対立、プロレタリア文化大革命などの激動を丹念に描いた渾身の力作。文庫化にあたり、習近平時代を加筆。〔原本:2004年11月、講談社刊〕 目次 はじめに 「中華民族の偉大な復興」 第一章 毛沢東とトウ小平 第二章 エリート革命から人民戦争へ 第三章 揺れる新国家建設 第四章 中国独自の社会主義への挑戦 第五章 プロレタリア文化大革命 第六章 革命と近代化の確執 第七章 改革開放・近代化へ邁進 第八章 大国化する中国の光と影 第九章 ポスト毛沢東とトウ小平の中国 第一〇章 習近平の時代と世界への挑戦 学術文庫版のあとがき 主要人物略伝 歴史キーワード解説 参考文献 年表 索引

    続きを読む
    提供開始日
    2021/05/12
    連載誌/レーベル
    講談社学術文庫
    • 中国の歴史 全 11 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      中国の歴史 全 11 巻

      17,105円(税込)
      171pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(24件)
    • 2021/04/01

      三国時代のことで卒論を書いたのももう昔。さらっと三国時代をおさらいするのに本書を手に取りました。演義と正史、実態と思われるところの比較や政治的な流れ、文化的な動き、国際関係などなど、わかりやすく書かれ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/04/14

      前半で隋建国から唐滅亡までの通史、後半で様々な視点からの社会の諸相、周辺国との関わりといった幅広い内容で、時代の理解を深めるにはうってつけの内容。懐の深い時代だったと感じさせられる。

      Posted by ブクログ
    • 2021/03/27

      秦漢時代が扱われる。文献と出土資料の両面から、最初の統一帝国とその後継国家の通史が叙述されていて、この時代を包括的に知るためには非常に優れた内容だと思う。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード