【最新刊】ねむねむさんがやってくる

ねむねむさんがやってくる

ユ・ヒジン/中井はるの

1,139円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「なんとも、あたたかーい。「心地よさ」とは何か、それを明らかにしなければ、と気づかせてくれる人間学的な絵本だ」(汐見稔幸氏:教育家・東京大学名誉教授)。いつもの夜、眠れなくてまだまだ遊びたい気持ちでいっぱいのわが子に、お母さんはやさしく、「ねむねむさん(睡眠というお友達)に来てもらおうね」と呼びかけます。さあ、とってもキュートな「ねむねむさん」はあなたのおうちに来てくれるかな?読み終えたときにぽっと心があたたかくなる、素敵なベッドタイムストーリーです

    続きを読む
    ページ数
    40ページ
    提供開始日
    2020/10/06
    出版社
    世界文化社
    ジャンル
    絵本

    レビュー

    レビューコメント
    • ねむねむさんがや...

      ねむねむさん。鞄に夢を詰めてやってくる。可愛い。お母さんとむすめさんの会話にちょっと違和感があるのは翻訳だからかなー?国の違いかなぁ。全体には好きな絵本なんだけど、どこかしっくりこないんだなー。あと、...

      続きを読む
    • ねむねむさんがや...

      「ねむねむさん」という響きからして、とってもすてき。私だけでなく、3歳の息子にも大ヒットで、しばらくねむねむさんばかりずっと読んで、ほとんど覚えてしまっていた。絵柄もかわいいし、やさしく何気なく眠りの...

      続きを読む
    • ねむねむさんがや...

      ねむねむさん、かわいい。

    • ねむねむさんがや...

      1才3ヶ月の息子がもう少し大きくなって、夜更かしするようになったらこの本を読み聞かせしよう。

    セーフモード