【最新刊】イスラームの論理と倫理

イスラームの論理と倫理

著:中田考 著:飯山陽

2,090円(税込)
1%獲得

20pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    イスラームは、穏健で寛容で民主的な、平和の宗教か?かたや男性・イスラーム法学者にしてイスラム教徒=中田考。かたや女性・イスラム思想研究者にして非イスラム教徒=飯山陽。ともにイスラームを専門としつつも、立場を異にする二者が交わす、妥協を排した書簡による対話。IS、トルコ・クルド問題、アフガニスタン中村哲氏殺害、ハラール認証、イラン情勢、コロナ禍の影響……。同じトピックを論じても、これだけ世界の見方が違う。はたして日本人は、イスラームをどれだけ理解しているか?神の前の自由・平等?人が獲得した自由・平等?誰も教えてくれなかった、イスラーム世界の真実をめぐる、火花を散らす対話の記録。「20年以上前に初めて出会った時から今に至るまで、中田先生は私にとって、全く分かり合うことのできない異質な他者です。中田先生だけでなく、私は日本の中東イスラム研究業界に属する多くの研究者と、ほとんど全く分かり合うことができません。(…)私はこの往復書簡を通して、中田先生と分かり合おうとも、中田先生を説得しようとも全く思いませんでした。私の目的は、ひとつにはもちろん、それぞれのテーマについての分析を提示することですが、もうひとつは中田先生と私の議論が徹頭徹尾噛み合わないことを読者の方々によくよくご覧いただき、その上で、なぜこうも噛み合わないのかについての理由を明らかにすることです。」(飯山陽 まえがきより)「人文社会科学の他の分野と比べても職業的専門家の絶対数が圧倒的に少なくマーケットも小さいイスラーム研究が学問の名に値するものに成長するためには、どんなにレベルが低く誤解と偏見に満ちていようとも、イスラームを理解できない人、理解しようとも思わない人にさえも広く読まれる作品ができるだけ多く生み出され、流通することが不可欠だと私は信じています。(…)本書ができるだけ多くの読者の目に留まり、読者の中からたとえ一握りほどの数であったとしても、本書に書かれたことの背後にある「誰の目も見たことがなく耳が聞いたともなく心に浮かんだこともない」(預言者ムハンマドの言葉)広大で深淵な世界を垣間見、彼らに続こうと志す者たちが現れることを願ってやみません。」(中田考 あとがきより)【目次】第一書簡 あるべきイスラーム理解のために第二書簡 イスラム国をめぐって第三書簡 トルコ、クルド問題について第四書簡 タイのイスラーム事情第五書簡 中村哲氏殺害事件をめぐって第六書簡 ハラール認証の問題第七書簡 イラン/アメリカ関係の深層第八書簡 コロナウイルス禍がもたらしたもの第九書簡 トルコのコロナ対応をめぐる考察最終書簡 インシャーアッラー それぞれの結語として

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/30
    出版社
    晶文社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • イスラームの論理...
      2020/12/03

      結構面白い本です。
      本書の本質は最終書簡Aに収斂しています。
      長くて面倒と思われる方、時間が経って古いと思われている方、そこだけでも読みましょう。

      Posted by ブクログ
    • イスラームの論理...
      2021/04/17

      活動家と研究者の往復書簡本です。
      対立するそれぞれの意見が一つの本の中にあるというのは、中々面白いですね。
      ただ一つを除き二人の意見が一致しないのが笑えます。

      https://seisenudoku...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • イスラームの論理...
      2020/12/29

      話が通じないというのはどういうことか、というケーススタディ。

      おそらく飯山さんの論の進め方の方が一般的な感覚では受け入れられやすいのであろうが、中田さんの論にも不思議な魅力と一貫性が感じられる(決し...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード