【最新刊】傭兵の男が女神と呼ばれる世界

傭兵の男が女神と呼ばれる世界

著:野原耳子 イラスト:ビリー・バリバリー

1,265円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    フリーの傭兵として働く37歳の雄一郎はゲリラ戦中、手榴弾の爆撃に吹き飛ばされ意識を失い、気が付くと、見知らぬ世界にいた。その世界では現在、王位を争って王子達が内乱を起こしているという。どうやら雄一郎は、【正しき王】である少年を助け国を救うために【女神】として呼び出されたようだ。おっさんである自分が女神!? その上、元の世界に帰るためには、王の子供を産まなくてはならないって!? うんざりする雄一郎だったが、金銭を対価に異世界の戦争に加わることになり―― ※電子版は単行本をもとに編集しています。

    続きを読む

    本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    提供開始日
    2020/10/02

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 一番乗り
      傭兵の男が女神と...2020/10/03
      オススメです

      表紙絵にひかれて読みましたが大当たりでした。
      異世界転生ものですが主人公がチート能力で無双するような安易な展開ではなく、リアリティがあってどんどん話に引き込まれます。強い受けが簡単にグズグズ女々しくな...

      続きを読む
    • 傭兵の男が女神と...
      ネタバレ
      2021/01/01匿名
      少し読むのに時間がかかりました。

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 傭兵の男が女神と...2021/02/15Posted by ブクログ

      相変わらず凄すぎる野原さん。
      なんという殺戮。虚無と渇望。エロスと熱、諦観と暴力と純粋が共存するBL。
      それでいてスラスラ読める文体。
      アンビバレントで、凄まじい。
      ※この刊では完結しません。え?これ...

      続きを読む

    セーフモード