【最新刊】明日も出勤する娘へ

明日も出勤する娘へ

著:ユ・インギョン 訳:吉原育子

1,386円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新聞記者として30年以上働く著者が自身の娘や女性たちに贈る、人生のアドバイス!「働くのって、こんなに大変なの?」新聞社の記者として長いあいだ組織で働き、さらには講演活動やテレビなどでも活躍する中で、たくさんの女性たちから悩みを相談されてきた著者が、ときに母としてあたたかく励まし、ときに働く先輩として助言をしてくれる、人生エッセイ。社会人として知っておきたいこと、職場での人間関係の悩みから、ちょっとした振る舞い、そして、仕事を楽しみ、幸せに生きるための考え方を教えてくれる一冊。「私は、娘に聞かせたことを、今度は娘の友だちに伝えるためにこの本を書いた。自分の母親ではなく友だちの母親、あるいは母親の友だちの言葉だと思って、聞いてもらえたらうれしい。人生で山ほど壁にぶつかってきた先輩の話だと思って……」――本書「はじめに」より【韓国でロングセラー! 若い女性を中心に大反響!】・「社会人5年目だが、これまで悩んできた問題について解決策を多く見出せた。この本に出合えてよかった」・「新人もキャリアの長い人も励まされる内容で、これまで読んだたくさんの本の中でももっとも共感する部分が多かった」・「もし子どもがいたら必ず読ませたい本。職場だけでなく世の中を生きる上でも励まされ、役に立つ。この本を買ってよかった」

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/25

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 明日も出勤する娘へ2020/11/05Posted by ブクログ

      序に書かれていた「娘というのは母親の言うことにはあまり耳を貸そうとしないのに(中略)芸能人の話には〜感動しうなずいている〜」との入りで、”なんだかこの人は娘の立ち位置を理解しているな。読んでみるか”と...

      続きを読む
    • 明日も出勤する娘へ2021/02/20Posted by ブクログ

      読み進めるにつれて、大切なことがたくさん書いてるなぁ、と気付いてゆっくり読んだ。これから働き続ける上で大切にしておこうと思える言葉が数々あった。

    • 明日も出勤する娘へ2021/01/25Posted by ブクログ

      働く上で大切な心構え、毎日を楽しむ秘訣を人生の先輩が教えてくれる一冊。「仕事に向いてない」と悩む人に読んでほしい。

    開く

    セーフモード