【最新刊】草笛物語

羽根藩

葉室 麟

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    羽根藩江戸屋敷に暮らす少年赤座颯太は、両親が他界して帰国、伯父水上岳堂の親友で薬草園番人の、壇野庄三郎に託される。国許では、藩の家督を巡り、世子鍋千代を推す中老戸田順右衛門と、御一門の三浦左近を推す一派が対立。やがて藩主吉通となった鍋千代が国入りし、颯太は陰謀渦巻く城に出仕するが……。『蜩ノ記』の十六年後を描く羽根藩シリーズ第五弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/25
    連載誌/レーベル
    祥伝社文庫
    出版社
    祥伝社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 2020/11/25Posted by ブクログ

      とても良かった。

      若い世代の人たちに繋がる
      秋谷の思いに感動。

      後半は
      目が離せなくて
      一気読みしてしまった。

      羽根藩シリーズは
      これが最終話。

      さみしい気持ちもわいてくる
      もっと読みたかった...

      続きを読む
    • 2020/12/09Posted by ブクログ

      『蜩ノ記』の16年後の羽根藩が舞台。
      戸田秋谷の息子順右衛門は藩の中老となっている。娘薫は、秋谷の監視役でありながら彼の覚悟に接し、最期を見守ることになった庄三郎と平穏な日々を送っている。
      しかし、新...

      続きを読む
    • 2020/10/01Posted by ブクログ

      とても面白かった。この前日譚である蜩の記をまた読みたくなった。爽やかに少年が成長する話は時代小説では珍しいのではないか。それでいて、全く違和感なく読めて楽しめた。オススメ。

    セーフモード