【最新刊】マンガ&あらすじでつかむ! 60分でわかる カミュの「ペスト」

マンガ&あらすじでつかむ! 60分でわかる カミュの「ペスト」

著:大竹稽 イラスト:羽鳥まめ

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    超難解「ペスト」が、これ1冊で簡単にわかる!感染症が街を襲った時、彼らは何を思い、どう行動したのか――。押さえておくべき代表的なシーンを、マンガ&あらすじで紹介。新型コロナ時代、何を考え、行動すべきか――。フランスのノーベル文学賞作家アルベール・カミュの代表作「ペスト」の解説本。マンガ、あらすじ、著者の考察の組み合わせで、ストーリー全体、代表的なシーンを知ることができる。人間としての自由、行動、選択とは何か。オランという市でネズミが次々に死に始め、続いて、原因不明の熱病患者が発生、人々を恐怖に陥れた。市は閉鎖、解決策はなかなか見つからない中、立ち上がった人々の物語。感染症との闘いが他人事でない今、70年前の長編小説が読まれている理由がわかる。■目次・マンガでつかむ『ペスト』・『ペスト』登場人物相関図・『ペスト』原題(La Peste)とは・ああらすじでつかむ『ペスト』●各章 あらすじ1 大量のネズミの死(1章)2 当事者になれない権力者たち(2章)3 閉門(2章)4 「どんな手を使っても脱出する!」ランベールの挑戦(2章)5 「ペストは神の罰なのです!」パヌルー神父の説教(2章) 他・解説 易しさの自覚と、自由な選択■著者 大竹稽教育者、哲学者。思考塾(横浜市)塾長1970年愛知県生まれ。愛知県立旭丘高校卒。1989年名古屋大学医学部入学・退学。1990年慶應義塾大学医学部入学・退学。1991年東京大学理科三類入学・退学。2007年学習院大学フランス語圏文化学科入学・首席卒業(フランス語圏文化学学士。論文テーマは、サルトルと自己について)。2011年東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程入学・修士課程修了(学術修士)、フランス思想を研究。その後、博士後期課程入学、カミュ、サルトル、バタイユら実存の思想家、バルトやデリダらの構造主義者、そしてモンテーニュやパスカルらのモラリストを研究(その後、中退)。博士課程退学後は建長寺・妙心寺などの禅僧と共に「お寺での哲学教室」や「お寺での作文教室」を開いている。専門分野は哲学、教育、禅(哲学と仏教(東西の思想)の融合 共悦・共楽・共生の思想家)。■イラストレーター 羽鳥まめ漫画家・イラストレーター。主に大手学習教材企業の漫画やイラストを手掛ける。専門学校で非常勤講師経験あり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/25
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    文芸
    • マンガ&あらすじでつかむ! 60分でわかる カミュの「ペスト」 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      マンガ&あらすじでつかむ! 60分でわかる カミュの「ペスト」 全 1 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • マンガ&あらすじで...2020/11/25Posted by ブクログ

      登場人物は二手に分かれる。 かたや、「なにをやっても変わらない」という虚無感、「力ある人に任せとけばいい」という依存心、「自分には関係ない」という無関心がいる。彼らは「囚人たち」だ。  かたや、タルー...

      続きを読む
    • マンガ&あらすじで...
      ネタバレ
      2020/08/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • マンガ&あらすじで...2020/10/10Posted by ブクログ

      【No.250】「これは1940年代にオランという市でおこった、怪奇でおそろしい歴史の一幕である。伝染性のものかどうか、まだなんとも言えないが、悪性の熱病のようなものがオラン市に発生した」「もはや、た...

      続きを読む
    開く

    セーフモード