【最新刊】半沢直樹 アルルカンと道化師

半沢直樹 アルルカンと道化師

池井戸潤

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ★★★「半沢直樹」シリーズ6年ぶりとなる待望の最新作!★★★ ***東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとにとある案件が持ち込まれる。大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。有名な絵に隠された「謎」を解いたとき、半沢がたどりついた驚愕の真実とは――。*** 探偵半沢が絵画に込められた謎を解く、江戸川乱歩賞出身の池井戸潤、真骨頂ミステリー! 『半沢直樹1 オレたちバブル入行組』の前日譚となるシリーズ原点にして、「やられたら、倍返し!」あの突き上げる爽快感とともに、明かされる真実に胸が熱くなる、7月19日放送開始ドラマ「半沢直樹」シリーズ待望の最新原作小説が、ついに登場。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/17
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/09/22Posted by ブクログ

      「半沢直樹」シリーズ最新作ということで、今回も読んだ後、悪代官を成敗したかのようなスカッと感がありました。

      時系列としては、半沢直樹が大阪西支店に着任して1ヶ月後の話で、第1作目の「西大阪スチール」...

      続きを読む
    • 2020/10/04Posted by ブクログ

      「半沢直樹 アルルカンと道化師」
      半沢直樹の大阪時代。


      半沢直樹シリーズの第5作目。時系列的にはシリーズ第1作『オレたちバブル入行組』の前日譚にあたる。半沢が東京中央銀行大阪西支店へ赴任して間もな...

      続きを読む
    • 2020/09/24Posted by ブクログ

      最高のエンタメ小説!シリーズ全部読んでいるはずなのに登場人物も物語も全然覚えていない。でもやっぱり面白い!
      【あらすじ】
      大阪西支店の融資課長として取引先の融資稟議に奔走する半沢直樹に対し、組織の論理...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002446371","price":"1650"}]

    セーフモード