【最新刊】宇宙に行くことは地球を知ること~「宇宙新時代」を生きる~

宇宙に行くことは地球を知ること~「宇宙新時代」を生きる~

野口聡一/矢野顕子/林 公代(取材・文)

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「わたしはうんと歳をとってから宇宙に強い興味をもった。大人だって、特に大人の女性だって宇宙が知りたい(矢野顕子さん)。「宇宙は誰にでも開かれていて、思っているより近くにあって、みんながそれに気づいてくれるのを待っています(野口聡一さん)。2020年、スペースXの新型宇宙船「クルードラゴン」運用一号機への搭乗を控え2人の対談が実現。「誰もが宇宙に行ける時代」を迎えた今、2人が語る宇宙の奥深さと魅力とは?

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/16
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント(10件)
    • 宇宙に行くことは...
      ネタバレ
      2021/01/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 宇宙に行くことは...2020/12/13Posted by ブクログ

      とても興味深く読めました。
      私は矢野顕子さんのファンで、彼女が宇宙に対して並々ならぬ思いを抱いているのは知っていました。どんな思いなのかを知りたくて読んだのが理由です。
      それも面白かったですが、野口宇...

      続きを読む
    • 宇宙に行くことは...2020/10/30Posted by ブクログ

      10月15日にSpaceXのDragon 2 でISSに向かう宇宙飛行士 野口聡一氏の矢野顕子との対談

      宇宙飛行士とは宇宙とは宇宙で過ごすとはなど今回で3回目となる宇宙へ向かうひとの話にはさまざまに...

      続きを読む
    開く

    セーフモード