【最新刊】デス・レター

デス・レター

山田正紀

1,799円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人を探し出してインタビューするのがぼくの仕事だ。もう一つ重要な役割があるけど、それはまだ言わない。ぼくはいま、謎の手紙を届けて回る一人の少女を探している。その手紙は、大切な人(ラヴ)の死を予告する“デス・レター”だという。愛する人の死におびえる者、心当たりのない者、すでに愛する人を失った者。少女の足跡を辿るなかで、ぼくはいつしか奇妙な違和感を覚えるが……。「そのことを話すため、こうしてやってきた。とても大事な話なんだ」破格の想像力が炸裂する、これぞ山田正紀マジック!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/31
    連載誌/レーベル
    創元日本SF叢書
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • デス・レター
      2020/12/17

      山田正紀の最近の作品で「戦争獣戦争」を読んで、作者独特の時空の概念に感動したが、本作品も時空に纏わるからくりが所々に散りばめられている。ただ、ほとんどのエピソードではそのからくりの深堀りがあまり見られ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • デス・レター
      2020/10/27

      山田正紀さんの作品は『カムパネルラ』に続き読むのが2作目でしたが、この作品も、私には難解で、意味がわかりませんでした。

      最後まで読めばわかるんじゃないかと思って読んでいましたが、なんとなくしかわかり...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • デス・レター
      2020/10/04

      難解だなぁ

       でも午後の一気読み。ファンタジスティックな死神の話だと思ってたら、ラストは一気にSFだった。オチはなんとなく読めたけれど、あまりスッキリしないのは読み手の力量不足かな。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード