【最新刊】ワイズカンパニー―知識創造から知識実践への新しいモデル

ワイズカンパニー―知識創造から知識実践への新しいモデル

著:野中郁次郎 著:竹内弘高 訳:黒輪篤嗣

3,300円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    知識から知恵へ、イノベーションから持続的イノベーションへ。世界のビジネス界に多大な影響を与えた経営学の世界的名著『知識創造企業』の著者両氏による25年ぶりの続編。イノベーションを起こし続ける企業の秘訣はどこにあるのか。企業が絶え間なく繰り返し、新しい知識を生み出し、組織全体に知識を広め、知識を行動に変えなくてはならない。そのためには、SECI(セキ)モデルで説き明かした「暗黙知」と「形式知」に加えて、「実践知」が不可欠である。本書では、その知識を絶えざる実践を通じて知恵(wisdom)にまで高めることの重要性と、その知恵を獲得・活用するための方法を示した。実践を積み重ねていくと、実践知が得られる。なおも繰り返していくと、実践知が豊かになり、次第にスケールが大きくなる。企業の枠を超えて社会までも巻き込んでいく。こうした実践知を備えたリーダーを「ワイズリーダー(賢慮のリーダー)」、ワイズリーダーに率いられた企業を「ワイズカンパニー(賢慮の企業)」と呼んでいる。本書では、学問を超えた理論と、著者が長年にわたって収集した多くの数多くの企業事例をもとに、イノベーションを起こしていくリーダーや企業を描き出し、デジタル時代の人間の生き方と経営を考える。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/28

    レビュー

    • ワイズカンパニー...2020/11/07Posted by ブクログ

      われわれの研究では、形式知と暗黙知を用いるだけでは不十分であることが示されている。リーダーはもう一つ別の知識も使わなくてはいけない。それはしばしば忘れられがちな実践知である。実践知とは、経験によって培...

      続きを読む
    • ワイズカンパニー...2020/10/31Posted by ブクログ

      感想
      新しいSECIモデルは、コトだけでなく、人間という不確定変数の多い部分のプロセスを示すことで、現場で使えるものに解釈されている(実践から生まれたものをまさに形式知にしたようなイメージ)

      評価
      ...

      続きを読む
    • ワイズカンパニー...2020/12/22Posted by ブクログ

      「知識創造企業」から25年余り経っているが、その主張は現在でも全く色褪せない。知識実践に焦点を当てた本書は、前著をより進化させ、知識創造を企業経営の現場に浸透しやすくするという点で、必見に値するものだ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード