アスク・ミー・ホワイ

古市憲寿

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    過去はね、変えられるはずなんだよ。もしかしたら、未来よりもずっと簡単に初めて港くんと会ったのは、大寒波が到来した冬の日だった。港颯真・元俳優。写真週刊誌のスキャンダル報道によって、彼は、少し前に芸能界から姿を消した。ヨーロッパの街を転々としていたようが、ここアムステルダムに住み始めたという噂は本当だったのだ。初めはブルーやグレー、途中から淡いピンクが重なったり。彩りはあるけど、虹色と括れなくて、すごく好きな世界でした。ーーー乃木坂46 高山一実心も、身体も、酒も、誤解も。溶け始めた瞬間が、最も艶めかしく、意識の奥底を温める。この物語には、人々の瘡蓋を溶かす、   蒼い陽射しがある。 ----リリー・フランキー

    続きを読む

    レビュー

    • 2021/01/19Posted by ブクログ

       人はなぜ、自分と相反するものに攻撃をするのだろう。簡単に欲しい情報が手に入るインターネットが普及した現在。自分自身と相反するターゲットが自動的に目の前に現れ、すぐに物言いできるようになったSNS時代...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/09/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/12/15Posted by ブクログ

      この人が?筆者の印象とはかけ離れた感じでビックリ。オランダのアムステルダムが舞台。
      「ニュースにはいつも続きがない」から始まる序章ともいえる書き出しから、過去を振り返る形で物語は進行する。。男女のロマ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード