障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本(大和出版)

障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本(大和出版)

鹿内幸四朗/杉谷範子

1,500円(税込) クーポン利用で1000円獲得へ
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,000(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/03/31 23:59 まで有効

獲得

【30年後、私たちが死んだら“うちの子”どうなる?】起こりうる困難を先読みしてつくった「親心後見」のしくみと、将来にわたって妻と子が安心して暮せるお金ののこし方。 ●子どもが成人すると、財産管理が親の元から離れる ●この先40年……3000万円の財産は後見人の報酬に消えることに? ●誰がもっともわが子の後見人にふさわしいのか ●「親心後見」への挑戦。夫婦たすき掛けの契約で子どもを守る ●わが子の幸せのために、あえてお金をのこさない選択を ●死に際ではなく、今作る意味がある「とりあえず遺言」 ●認知症になったときのための「任意後見契約」――等々、親が知らなくてはならないこと、親にしかできないこと。

続きを読む

セーフモード