レッドサンブラッククロスI

レッドサンブラッククロス

佐藤大輔 著

4,180円(税込)
1%獲得

41pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この電子書籍は合本版にも収録されます※第二次世界大戦で勝利したドイツ第三帝国は、カナダで抗戦を続ける英国を追い北米に侵攻。欧州を制圧した強大な軍事力による電撃攻勢と、史上初の反応弾攻撃で合衆国を崩壊させた。ここに、日英同盟対ドイツの第三次世界大戦が勃発!著者最大のシリーズを合本する愛蔵版。第一巻には本篇1「合衆国侵攻作戦」、本篇2「迫撃の鉄十字」、本篇3「反撃の旭日旗」を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/21
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸
    • レッドサンブラッククロス 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      レッドサンブラッククロス 全 3 巻

      13,200円(税込)
      132pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • I2020/10/23

      佐藤大輔の代表的作品。歴史にIFは禁物というが、ちょっとした偶然で歴史が変わるというのは
      よくある話。アメリカやソ連を敵に回して第二次大戦でドイツと日本が勝利する、というのは現
      実的にはありえないが、...

      続きを読む
    • 2021/01/02Posted by ブクログ

      やはり豹鬼奮迅の件の攻防戦は面白かった。 多数のパンテルⅡの群れの強大な攻撃力と非力な一式改の対比。戦場の混乱と食い止める為に各々の奮戦。盛り上がらないはずがない

    • I2020/10/06Posted by ブクログ

      復刊され1~3巻までが収録。 いやはや、今読んでもわくわくする設定と展開ですね。 北米でのドイツの攻勢とインド洋でのドイツ艦隊との攻防戦。 読み応え満載でした

    開く

    セーフモード