【最新刊】赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。

赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。

著者:青柳碧人

1,485円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の昔話をミステリで読み解き好評を博した『むかしむかしあるところに、死体がありました。』に続き、西洋童話をベースにした連作短編ミステリが誕生しました。今作の主人公は赤ずきん! ――クッキーとワインを持って旅に出た赤ずきんがその途中で事件に遭遇。「シンデレラ」「ヘンゼルとグレーテル」「眠り姫」「マッチ売りの少女」を下敷きに、小道具を使ったトリック満載! こんなミステリがあったのか、と興奮すること間違いなし。全編を通して『大きな謎』も隠されていて、わくわく・ドキドキが止まりません!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/19
    出版社
    双葉社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2020/09/16Posted by ブクログ

      前作は昔話ごとに短編のような形になっていたが、本作は短編集のような形ではあるがすべての作品を通じて赤ずきんの旅の話になっている。それぞれの話の推理もいいし、うまく童話が使われている。アンデルセンも出て...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/10/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/11/22Posted by ブクログ

      前作より童話に忠実にというよりオリジナリティを感じる作品。
      赤ずきんちゃんを絶対正義とも言い兼ねるラストかなあと個人的には思った。

    開く

    セーフモード