【最新刊】同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか

同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか

鴻上尚史 佐藤直樹

759円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新型コロナウイルスがあぶり出したのは、日本独自の「世間」だった! 長年、「世間」の問題と格闘をしてきた二人の著者が、自粛、自己責任、忖度などの背後に潜む日本社会の「闇」を明らかにする緊急対談! ●戦争中から変わらない「国民総自粛」 ●日本人が名刺をもらうとホッとする理由 ●「世間=同調圧力」を生み出す日本独特のルール ●西欧は「社会」、日本は「世間」の大きな違い ●感染者はなぜ謝罪に追い込まれるのか? ●学校でも会社でも「先輩」が強すぎる不思議 ●日本では「批評」がそのまま「人格批判」となる ●言霊の国なのに、言葉が信用されない謎 ●ネット上の匿名が圧倒的に多い日本人 ●若者の自己肯定感が低い理由 ●なぜ出る杭は打たれるのか――芸能人の政治発言 ●不寛容の時代に窒息しないために 生きづらいのはあなたのせいじゃない。世間のルールを解き明かし、息苦しさから解放されるためのヒント。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/19
    連載誌/レーベル
    講談社現代新書

    レビュー

    • 2020/10/05Posted by ブクログ

      いま読むのに最適な本。

      社会と世間の捉え方がおもしろい。

      会社というのは一つの強い世間。
      サークルや地域の共同体に参加することで
      会社や家庭という一つの強力で
      狭い世間で支えない。
      ホントにそう思...

      続きを読む
    • 2020/09/17Posted by ブクログ

      コロナ禍において同調圧力を科学する本です。
       
      同調圧力を科学して理解することで、自分への圧力を少し軽減できるし、周りで圧力に屈している人達を助けることにもなると思います。本書の肝は、強い世間ばかりに...

      続きを読む
    • 2020/10/09Posted by ブクログ

      もう、十数年ほど前になるでしょうか
      「同調圧力」という言葉を
      筑紫哲也さんの本の中で
      「なぁるほど そういうとらえ方が あるのか」
      と もの凄く腑に落ちた記憶がある

      それ以来
      この「同調圧力」を
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002427749","price":"759"}]

    セーフモード