【最新刊】夢鏡 義高と大姫のものがたり

夢鏡 義高と大姫のものがたり

倉本由布

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    寿永二年(1183)源頼朝の娘・大姫は十四歳の春をむかえた。突然父から「姫の婿が決まったぞ。木曽の嫡男・義高だ」と言われて、びっくり。その押しつけに怒って由比ヶ浜に抜け出し、大好きな海を見てた時――。「俺、海を見るのって、初めてだよ」。直垂姿の少年が瞳を海いろに染めて沖を見つめていた。――それが義高。ふたりの恋の始まりだった。悲しい恋の、始まりだった……。※イラストは収録されていません。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/21
    連載誌/レーベル
    集英社コバルト文庫

    レビュー

    • 2012/08/26Posted by ブクログ

      私が幅広く歴史に興味を持ったのはこの本に出会ったからだと思います。
      母親が図書館で突如何を思ったのか借りてきて「読んでみたら」と強制的に手渡されたのが始まりです。あまり絵が好みじゃなかったため、読むの...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002426986","price":"495"}]

    セーフモード