【最新刊】眠れないほどおもしろいやばい文豪

眠れないほどおもしろいやばい文豪

板野博行

858円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いくら天才作家だからって、ここまでやっていいものか――? 誰もが知る文豪の「やばすぎる素顔」に迫る本。酒も女も、挫折も借金も……全部、「小説のネタ」だった!?「あの名作」は、こうして生まれた!◇ハチャメチャな生き方で女にモテまくり!       太宰治◇滅びの美学を表明! 「憂国」の天才作家   三島由紀夫◇「狂気」に呑まれる前に死んでしまいたい      芥川龍之介◇「女は『神』か『玩具』のいずれかである」       谷崎潤一郎◇「知の巨人」は「痴の巨人」でもあった?       森鴎外◇「東大教授の椅子」を蹴った理由は年俸額    夏目漱石◇「文春砲」をつくった男の”男気“と”男色“      菊池寛◇金の使い道の最善は「女へやる事」         直木三十五◇「純愛一筋」から「火宅の人」に大豹変!     檀一雄

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/14
    連載誌/レーベル
    王様文庫
    出版社
    三笠書房
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(9件)
    • 眠れないほどおも...
      2021/03/19

      読みやすく、人物も網羅されていて、深掘り前の一覧性という点で非常に良かった。

      ここから、有島武郎や佐藤春夫など気になった作家がいたので、掘り下げていこうと思う。

      Posted by ブクログ
    • 眠れないほどおも...
      2020/12/03

      文豪の教科書には載っていない行跡を綴る。文豪のほとんどが恋愛に振り回されているかのようだ。幸福な人もあまりいないし、概して短命。
      でも、文豪の人となりを知って、読書欲が湧いてきた。

      Posted by ブクログ
    • 眠れないほどおも...
      2021/01/25

      これ国語便覧に載ってたらもっと国語が楽しめたのにな〜
      授業でも実際の内容より先生の雑学的な内容の方が記憶に残ってる気がするので楽しめました。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード