【最新刊】クオーレ

クオーレ

デ・アミーチス/和田忠彦

1,254円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ジェノバの少年マルコが母親を捜して遠くアンデスの麓の町まで旅する「母をたずねて三千里」の原作を収録.どこの国でも,いつの時代でも変わらない親子の愛や家族の絆,あるいは博愛の精神を,心あたたまる筆致で描く,デ・アミーチス(1846-1908)の代表作.世界中の人びとに愛読されつづけてきたイタリア文学の古典的名作の新訳.改版

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/27
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • クオーレ
      2020/11/01

      小学校の国語の教科書に載っていた。内容は覚えていないが、表題が「クオレ」で作者はアミーチスだった。おもしろくて、図書室で借りてさらに読んだように思う。あらためて読むと、教訓色が強く当時の時代背景もある...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • クオーレ
      2020/02/23

      すごく教訓的。それが鼻につくという人もいるかもしれない。
      特に、「気の毒な人」という表現がとても気になる。
      今とは感覚が違うかもしれない。
      でも、悪い話ではないと思う。
      ただ、どうにもならないならずも...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード