【最新刊】世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後

世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後

澤宮優 著

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    北京五輪の野球日本代表となったG.G.佐藤。今も語り継がれる高校野球星陵・箕島戦の星陵一塁手加藤直樹。最終戦で敗れ、巨人のV9を阻止できなかった阪神の池田純一中堅手。彼らは、大事な試合で大きなミスを犯したとして、ファンやマスコミから非難を浴び、人生が暗転した。理不尽なバッシングとどう戦い、そして立ち直ったのか。「落球」の烙印を背負った男たちの「その後」を辿るスポーツノンフィクション。目次第一章また落球する運命でももう一度五輪に出たいですG.G.佐藤2008年8月23日 五か松野球場(北京)北京五輪3位決定戦 米国×日本第二章野球の神様はなぜ俺をあの場面で転倒させたのか加藤直樹1979年8月16日 甲子園球場全国高校野球大会3回戦 箕島×星陵第三章「これが私の人生です」30年後に見つけた答え池田純一1973年8月5日 甲子園球場セ・リーグ 阪神×巨人第四章ミスのあとの人生をどう生きるか

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/14
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    • null巻2020/08/09Posted by ブクログ

      野球は筋書きのないドラマ。時に試合の流れを変えるエラーもある。世紀の落球の当事者3名の取材の先に見える人生。

      「人生にエラーはつきものだ。大事なことはそのあとをどう生きるかだ」ビル・バックナー(19...

      続きを読む
    • null巻
      ネタバレ
      2020/08/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • null巻2020/09/08Posted by ブクログ

      北京五輪、夏の甲子園、伝統の阪神巨人戦。たった1つのプレーで人生を狂わされた男たち。彼らは誹謗中傷の嵐からいかに立ち直ったか

    セーフモード