【最新刊】おりづるの旅

おりづるの旅

うみのしほ/狩野富貴子

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    折り鶴は、病気平癒やスポーツの試合での勝利など、昔からさまざまな願いをこめて折られてきましたが、平和を願い、祈る象徴として折られるようになったのはそう古いことではありません。戦争が終わって10年たった昭和30年、原爆症のため広島の少女、佐々木禎子が亡くなり、その悲しみの中で級友たちは原爆で亡くなった子供たちの慰霊碑「原爆の子の像」をつくります。その慰霊碑は、回復を願って折り鶴を折りつづけた禎子をイメージし、大きな折り鶴を頭上に高く掲げた少女の像だったのです。折り鶴が平和祈願の意味をこめて折られるようになったのは、禎子と「原爆の子の像」がきっかけといっていいでしょう。そして、その折り鶴は今、平和運動の波にのって世界で折られるようになりました。この絵本は、禎子の死と折り鶴が世界に広まっていった過程を、絵と文でわかりやすく描いたものです。作家、画家の平和への祈りが伝わってくる感動の絵本です。

    続きを読む
    ページ数
    43ページ
    提供開始日
    2020/08/07
    連載誌/レーベル
    PHPにこにこえほん
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    絵本

    レビュー

    • おりづるの旅2006/07/27Posted by ブクログ

      足が速く、いつもリレーの選手に選ばれていたさだ子さんは、被爆して9年も経ってから、急に体調が悪くなり、亡くなった。
       病魔と闘いながらも病室でせっせと折鶴を折っていたさだ子さんの事を思い、原爆でなくな...

      続きを読む
    • おりづるの旅2012/10/15Posted by ブクログ

      おりづるにこめられた願い・祈り・希望を後世に伝える。「原爆の子」像、そして「ヒロシマの少女のおりづる」という歌、1977年出版された『サダコと千羽づる』、「こども平和像」と平和を願う輪が広がっていく。

    セーフモード