【最新刊】哀しみがあるから人生は面白い

哀しみがあるから人生は面白い

下重暁子/弘兼憲史/弘兼憲史

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人間は好きなことをやるために生きている!人間は我慢するためではなく、楽しむために生きている!人生のゴールは死。笑ってゴールできたらそれでいい。80代と70代の著者が、老化や骨折、死に方さえも楽しもうと、貪欲に語り尽くす。二人にかかると、ボケも老化も骨折も介護も死さえも、すべてが楽しみに変換される。曰く「老化もボケも成長の過程」、「骨折は人に優しくされて嬉しい」、「介護は互いを知りあう最後の時間」、「死に方は生き方。笑ってゴールできればいい」などなど。「でも人生、そんな楽しいことばかりのはずはない」という反論が聞こえてきそう。そんな反論も一瞬で吹き飛ばす、愉快で痛快な老いの奥義です。読めば必ず元気が湧いてきます。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/04
    連載誌/レーベル
    SB新書

    レビュー

    レビューコメント
    • 哀しみがあるから...

      『人生を人のせいにはしない』それは同意。だが、このタイトルのように達観できないのが未だ若輩者の私。多分私がひねくれているのだろう(汗)『痛快、豪快、奔放』・・考え方一つなのだとは思うけれど、ここまで断...

      続きを読む
    • 哀しみがあるから...

       人生哀しみがあり、それを乗り越えるからこそ、喜びがある。下重さん(83歳)、弘兼さん(71歳)一般的にはかなりの高齢な年齢と思いきや、話を聞く限りとてもアクティブで前向きで若いお二人。  何歳になっ...

      続きを読む
    • 哀しみがあるから...

      下重暁子氏と弘兼憲史氏の、前向きに人生を有意義に過ごされている両巨頭の大変示唆に富む対談集。4

    • 哀しみがあるから...

      1.物語はすべて挫折から始まる:挫折や悲しみは一種の彩り

    • 哀しみがあるから...

      図書館。 私もお二人の考えに、すごく考え方が近い。たぶん、人にあまり関心がないから‥

    セーフモード