【最新刊】「数字」のコツ―――商談・会議・雑談でなぜか一目置かれる人が知っている

「数字」のコツ―――商談・会議・雑談でなぜか一目置かれる人が知っている

著:山本峻平

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ビジネスの現場では、新聞やテレビで見聞きするニュースの概略を把握しておくことはもちろん、職種によってはさまざまなデータをおおままにつかむことが求められます。企画書作成、プレゼンを行わなければならない場合もあるでしょう。その時に必要なのが、数字を把握し使いこなす技術です。ところが、社会人になったものの、数字の捉え方・扱い方がわからず、数字に苦手意識を持ち、避けている人がたくさんいます。あなたも、そんなビジネスパーソンの1人かもしれませんね。でも、安心してください。数字のコツさえつまめば、誰でもスムーズに仕事を進められるようになります。たとえば、伝えるために大事なのは、最長でも3秒で言える範囲に数字をまとめることです。本書では、実際に私が現場で使っている数字の法則も紹介しています。数字の法則を、頭に入れておくことで得られるメリットは2つあります。1.思考のスピードが速くなる(仮説をスタートすることができる)2.発言に説得力が加わる(優秀なビジネスパーソンの作法)本書を通じて、読者の皆さんの日々の仕事の効率が向上し、一目置かれる存在となってくだされば幸いです。■目次第1章 ビジネスでは数字をザックリ覚えよう    数字の読み方を覚えよう    数字をつかむ基本は「倍数」と「分数」    ほか第2章 できる人は「3」という数字をキーにしている    人はなぜ3という数字が好きなのか    プレゼン、企画書づくりも「3ステップ」で    ほか第3章 会社の数字は「5」のつながりで覚えよう    チーム編成は「5人」が生産的    1人の顧客を怒らせると「250人」の敵をつくる    ほか第4章 知っておきたい「ビジネス数字の法則」    売上の8割は2割の仕事で稼いでいる    1位と2位の差は3倍開く    ほか■著者 山本峻平株式会社新経営サービスシニアコンサルタント。1991年、和歌山県生まれ。大阪教育大学教育学部卒業後、新経営サービスに入社。ベンチャー企業から中堅企業を対象に、経営計画の達成に向けたPDCAマネジメント支援や人事制度の構築・運用を通じた組織開発、教育研修の支援を実施。特に若手ビジネスパーソンを対象に「数字のつかみ方・使い方・伝え方」の重要性を指導、教育している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/07
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 「数字」のコツ―...2021/01/14Posted by ブクログ

      「数字で具体的に示そう」と教えられる、求められることが多くなっていると思いますが、なかなか実践できないという方も多いと思います(私もそうです)。数字という切り口で、経営に関する知識、営業・マーケティン...

      続きを読む

    セーフモード