【最新刊】リモートワークの日本語~最新オンライン仕事術~(小学館新書)

リモートワークの日本語~最新オンライン仕事術~(小学館新書)

石黒圭

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    リモートワークで悩まない56の工夫。2020年春のコロナショックを機に、リモートワークが急加速しました。「リモートワーク」という働き方は、オンライン仕事革命とでも呼べる、業務スタイルの大きな変革をもたらしたといえるでしょう。多くの企業ではZoomをはじめとするWeb会議システムが導入され、私たちの仕事のスタイルは一変しました。リモートワークではディスプレイを通したコミュニケーション(オンライン会議、メールでのやりとり)の機会が圧倒的に増加しました。その結果、自由な意見交換がしにくくなり、相手に対する情報面の配慮と感情面の配慮に欠けがちになり、多くのトラブルが生じるようになりました。本書で紹介する◆Web会議システム活用のコツ26◆読み手の心に適切に届く言葉選びのコツ30は、リモートワーク時代に必須のコミュニケーション技術です。この、最新ビジネスコミュニケーション術で「理想のオンライン会議」「理想のビジネス文書」を、ぜひマスターしてください。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/07/30
    連載誌/レーベル
    小学館新書
    出版社
    小学館
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2020/10/09Posted by ブクログ

      日本語環境におけるリモートワークの仕事術を紹介する本というよりは、
      日本語論:リモートワークの仕事術=6:4
      といったような印象の本。
      リモートワークの仕事術に関する内容は本の中盤に比較的集中している...

      続きを読む
    • 2020/11/23Posted by ブクログ

      対面しての仕事に比べ、リモートワークではよりコミュニケーションツールとしての日本語が大事になる。日本語がそもそも曖昧でも伝わったりするし、普段ノンバーバルコミュニケーションが大きな役割を担っているかと...

      続きを読む
    • 2020/10/10Posted by ブクログ

      リモートワークのコミニケーション、という本は幾つか出てきているが、文書も含めて伝え方についてまとめているのが、特徴的と感じた。
      会話も大事なのだが、メールなど文書の方がやり取りとしては多くなるし、そち...

      続きを読む
    開く

    セーフモード