【最新刊】死にゆく人にあなたができること 聖心会シスターが贈るこころのメソッド

死にゆく人にあなたができること 聖心会シスターが贈るこころのメソッド

著:鈴木秀子

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    家族、そして大切な人―。やがて訪れる最期を幸せに見送るために大切なこと。寿命が延び高齢者が増えていくのと同時に、私たちにとって死はより身近なものになっていく。戦中、戦後の混乱期を除けば、現代ほど死と向き合い、見つめ直すべき時代はないといってもいい。そうした社会状況の変化にともない、医療の世界では医師と患者の関係も以前とは随分変わり、医師にすべてを任せる治療から、患者の自己決定を重視する治療へと変化している。インフォームド・コンセントの考えが普及したことにより、ガンなどの病気を患者に告知する割合もかなり増えているようだ。また、終末期の患者のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を高めるため、在宅を含めターミナルケア(終末期ケア)を行なうホスピスも格段に増えている。しかし現実には、治療方針などについて家族の間で意見が分かれたり、最悪の場合は仲違いが起きてしまうこともある。また、どうしても死んでほしくないという家族の強い思いが、死にゆく人を苦しめてしまう場合もある。すると、死にゆく人自身は家族が争う姿を見たくない、これ以上悲しませたくないと思い、本心を言えないまま一生を終えてしまうことになってしまう。家族としては、よかれと思って望んだ延命治療が逆に死にゆく人に不必要な苦しみを味わわせてしまい、やすらかで自然な死を妨げることになってしまう場合もある。大切な家族を亡くしたうえに、大きな後悔を背負ったまま生きていかざるを得なくなってしまった人に、著者は何度も会ってきた。では、どうすれば死にゆく人を安心させて、穏やかで幸せな最期を迎えさせてあげることができるのか。残された人が大切な人を失った悲しみや後悔を癒やして、これからの人生で前を向いて生きていくには何が必要なのか。誰にとっても死は怖いものであり、つらく、悲しいものだ。大切な人にはできるだけ長く生きていてほしいと思うことは人として当然のことだ。そして、いまだ死は縁起の悪いものとして忌み嫌い、苦しく、つらいだけのものととらえている人が多いのが現実だろう。しかしこうした考えはもう捨ててしまっていいのではないかと私は考えています。なぜなら、死というものは、けっして苦しいこと、悲しいことだけではないからです。死とは人生において最期の大仕事である。生と死は切り離されたものではなく、誰もが死によってこの世での人生を完成させることができる。そして、死にゆく人には次につながる生があり、死は残された人たちに人生でもっとも大切なことを教えてくれる。どうして、そんなことがいえるのか……カトリックのシスターとして、これまで多くの人の死に立ち会い、看取ってきた経験からも、その理由を本書では説いていく。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/07/31
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード