ほめるのをやめよう リーダーシップの誤解

著:岸見一郎

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    上司であることに自信がないあなただから、よきリーダーになれる。そのために――◎叱るのをやめよう◎ほめるのをやめよう◎部下を勇気づけよう『嫌われる勇気』の岸見一郎による初のリーダーシップ論。ほぼ日社長・糸井重里氏、推薦。「リーダー論でおちこみたくなかった。おちこむ必要はなかったようだ。」【本部より】<本書で私が提示するのは、一言でいえば「民主的なリーダーシップ」です><リーダーと部下は「対等」であり、リーダーは「力」で部下を率いるのではなく「言葉」によって協力関係を築くことを目指します><「悪い」リーダーは存在しません。部下との対人関係をどう築けばいいか知らない「下手な」リーダーがいるだけだと私は考えています><現実と照らし合わせると、それはとても無理だというのもわかります。しかしながら……理想は現実性がないから理想なのです>【目次】第1部 リーダーシップについてのモノローグ 第1章 リーダーは組織の中でどうあるべきか、何をしなければならないか、あるいは、何をしてはいけないか 第2章 リーダーになること、あるいは自信を持ってリーダーの仕事をすることに、いわばブレーキをかけるリーダー側の心の問題 第3章 混迷の時代に、リーダーにできること、するべきこと、してはいけないこと第2部 リーダーシップについての個人的な体験私が家族の一員として、職業人として、あるいは一人の人間として学んできたこと第3部 リーダーシップについてのダイアローグよりよきリーダーたろうとする企業人との対話

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(14件)
    • 2020/10/02

      アドラー心理学を元に、リーダーとはどういったものなのかが語られています。

      リーダーシップとは対人関係全般について学ぶ必要がある。

      上司と部下というのも結局対人関係。
      良好な関係であれば仕事も上手く...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/04/12

      わたしは部下などもいないし、リーダーという役割ではないですが、この本はめちゃくちゃ勉強になりました。

      叱ってもほめてもいけないというのはかなり難しいと思いますが、感情的になるのではなくちゃんと話して...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/01/08

      嫌われる勇気の著者でもある哲学者の岸見一郎氏がリーダーについて自身の考えを講演や雑誌に載せた連載記事などから解説した一冊。

      27の講義の後に講演と対談から著者のリーダー論が展開されていてリーダーにつ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード