宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧

柳田由紀子

1,881円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ハングリーであれ、愚直であれ」(スティーブ・ジョブズ)――この言葉は禅の教えだった! スティーブ・ジョブズの「生涯の師」で、iPhoneやiPodなどの革新的製品の設計思想にヒントを与えた日本人僧侶・乙川弘文。足かけ8年、関係者への徹底的な取材の中で浮かびあがってくる、ジョブズとの魂の交流。僧侶としての苦悩。「日本曹洞宗の明日を担う」とまで期待された若き僧侶は、なぜ故郷を捨て、アメリカに渡ったのか? ある人は「あんなに優れた禅僧はいない」と激賞するが、「女にだらしない、酒浸りの男だった」と批判する人もいる。──彼はいったい何者だったのか? そして、スイス山奥での突然の死。その真相は?

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/05/18Posted by ブクログ

      素晴らしい本です、面白かった。
      スティーブ・ジョブズの生涯の師と言われる、日本人僧侶、乙川弘文。
      謎に満ちた生涯を、8年かけて取材しています。
      関係者への取材とインタビューから浮かびあがってくるその生...

      続きを読む
    • 2020/06/04Posted by ブクログ

      弘文の生の足跡を丁寧に追った
      作者の努力に感謝。

      極力私感を抑え、インタビュー形式でまとめられた良書である。

    • 2020/07/02Posted by ブクログ

      私の掌にあるこのiPhone、データの読込や再起動を行うときに「グルグル」する。

      321ページ、「弘文の魂はジョブズに、ジョブズの魂はアップル製品に取り移り、今、世界中で円を描くように息づいている」...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002416019","price":"1881"}]

    セーフモード