改革する思考

著者:原晋

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大学駅伝3冠、箱根駅伝4連覇など、陸上競技の指導者として数々の偉業を成し遂げてきた青山学院大学の原晋監督が異端児と言われながらも貫き通してきたリーダーシップ論を語る。日本に限らず、いまの世界は「変数」が大きく、即座の対応力が求められる。だからこそ、すべてを「自分ごと」として捉えるべき。新型コロナウイルス禍を経た社会では働き方、考え方が大きく変わらざるを得ない。上の人の言うことに唯々諾々と従っているような人材は生き残れない。だからこそ、多様性を認めなければならない。なぜ、すべて同じ方向を向いて判断する必要があるのでしょうか。そうだとしたら、子どもに対して責任を持つ大人が考えることを放棄していることにつながりませんか?いま必要なのはこれまで日本人が得意としてきたルールを守るマインドではなく、ルールを作るマインド。問題が生まれること、それは指導者として成長するチャンスなのです。具体策を出して叩かれたとしても、それにへこたれない精神力がポスト・コロナの時代、リーダーには求められる。打たれ強さというのは、リーダーに必要な資質です。いま大切なのは何が正しくて、何がダメなのかを考える組織、文化を醸成していくことではないでしょうか。【目次】<はじめに><1章> 2020年はこうして始まった<2章> コロナウイルス禍での決断 <3章> 改革発想を持つ選手を育てる<4章> 改革する思考で、箱根駅伝だってこんなに変わる <5章> MGCは改革発想の賜物だ!<6章> 陸上界には宝が眠っています <7章> 柔軟性を養うためには<おわりに>終わりにかえて――改革する思考こそが、日本を変えられる!

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002416114","price":"1760"}]

    セーフモード