【最新刊】南極で心臓の音は聞こえるか~生還の保証なし、南極観測隊~

南極で心臓の音は聞こえるか~生還の保証なし、南極観測隊~

山田恭平

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「南極大陸の奥に進むと、静かすぎて己の心臓の音が聞こえるという」――学生時代に聞いた伝説のような話に心惹かれた著者は、ついに第59次南極観測隊・越冬隊のひとりとして南極に降り立つ。非日常が日常的に起こる1年4ヶ月の滞在記。南極をテーマにした人気アニメ『宇宙よりも遠い場所』の展開予想を南極からブログ上で行い話題となった南極観測隊員(大気研究者)による、南極観測隊のリアルが分かる一冊!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/07/24
    連載誌/レーベル
    光文社新書

    レビュー

    レビューコメント(10件)
    • 南極で心臓の音は...2020/10/06Posted by ブクログ

      1人の越冬隊員として南極への出発から帰国までの生活が詳細に描かれていて、新たな世界を初めて知ることができた。
      特に印象的だったのは、私のようなOLからすると南極に行くだけでも相当特別なのに、1人の人間...

      続きを読む
    • 南極で心臓の音は...2020/09/25Posted by ブクログ

      日本は昭和基地という拠点を南極に持っており、毎年越冬しつつ観測作業を継続しています。その越冬隊の日常とはどういうものか、越冬隊の一員となった著者の滞在記と呼べる一冊です。
      南極大陸と言っても面積は日本...

      続きを読む
    • 南極で心臓の音は...2021/02/07Posted by ブクログ

      あれ?南極ってユートピアなんだっけ???
      読んでいる途中から自分の感覚がおかしくなってくる。
      越冬隊においてはメンバーが一人何役をもこなし、それぞれが瑣末な仕事にも責任を持つ。しかも、意見や価値観の相...

      続きを読む
    開く

    セーフモード