本の読める場所を求めて

阿久津隆

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本を、読む。こんなシンプルなことが、どうして放っておかれているのか。「書を携えて、街に出る。人が人といてひとりになるためにはこんなすったもんだが必要なんですね」――片桐はいり(俳優) 本はあっても、読む場所がない! 家でもカフェでも図書館でも……ゆっくり読めない。街をさまよう。だから、「今日はがっつり本を読んじゃうぞ~」と思う人たちが心ゆくまで「本の読める」店、「fuzkue(フヅクエ)」をつくった。本と、光さえあればできるはずのものが、どうしてこんなに難しいんだろう? 心置きなく、気兼ねなく本を読むためには、なにが必要なんだろう? なぜか語られてこなかった「読む」「場所」をめぐって、ストラグルし、考えぬいた先に見えてきたものとは? 大部の『読書の日記』に綴る読書の喜びで人を驚かせた著者が、ユーモアを織り交ぜた文体で小説のように書き記す。「読書」を突き抜けて、「場づくり」「孤独」「文化」「公共」まで眼差す。――きれいごとをちゃんと欲望しよう。「もし映画館がなくて、小さな画面としょぼい音響でしか映画を観ることができなかったら。もしスキー場がなくて、野山を一歩一歩自分で登ってでしか滑ることができなかったら。もしスケートパークがなくて、注意されたり迷惑顔をされたりするリスクを常に抱えながらしか遊ぶことができなかったら。心置きなく没頭できる場所を抜きに、それぞれの文化の裾野は、今のような広さにはなっていないはずだ。〔…〕だから読書にも、そういう場所があったほうがいい」(本文より)

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/30Posted by ブクログ

      1度しか行ったことがないけど、とにかく居心地良くて、本が気持ちよく読めた「本の読める店」Fusukeできるまで。そしてこれから。
      どのような考えの末にあのお店が生まれたのか、どういう考えであの空間が保...

      続きを読む
    • 2020/07/22Posted by ブクログ


      まだ読み終わってないんですけど、
      書いちゃう。もう書いちゃう。
      溢れ出てくるこの想いが止まらないから書いちゃう。


      良い本に出会った。
      京王線初台にある「fuzukue」という
      お店の店主阿久津隆...

      続きを読む
    • 2020/07/31Posted by ブクログ

      2020/07/30
      図書館より。

      ぱっと見で、タイトルに惹かれて借りてきました。
      前半は、カフェで本を読みづらい話や、時間制限だと長居する人は歓迎されないなど共感していたが、そのくだりが長くて熱い...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002412877","price":"1760"}]

    セーフモード