【最新刊】本の読める場所を求めて

本の読める場所を求めて

阿久津隆

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,260(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

本を、読む。こんなシンプルなことが、どうして放っておかれているのか。「書を携えて、街に出る。人が人といてひとりになるためにはこんなすったもんだが必要なんですね」――片桐はいり(俳優) 本はあっても、読む場所がない! 家でもカフェでも図書館でも……ゆっくり読めない。街をさまよう。だから、「今日はがっつり本を読んじゃうぞ~」と思う人たちが心ゆくまで「本の読める」店、「fuzkue(フヅクエ)」をつくった。本と、光さえあればできるはずのものが、どうしてこんなに難しいんだろう? 心置きなく、気兼ねなく本を読むためには、なにが必要なんだろう? なぜか語られてこなかった「読む」「場所」をめぐって、ストラグルし、考えぬいた先に見えてきたものとは? 大部の『読書の日記』に綴る読書の喜びで人を驚かせた著者が、ユーモアを織り交ぜた文体で小説のように書き記す。「読書」を突き抜けて、「場づくり」「孤独」「文化」「公共」まで眼差す。――きれいごとをちゃんと欲望しよう。「もし映画館がなくて、小さな画面としょぼい音響でしか映画を観ることができなかったら。もしスキー場がなくて、野山を一歩一歩自分で登ってでしか滑ることができなかったら。もしスケートパークがなくて、注意されたり迷惑顔をされたりするリスクを常に抱えながらしか遊ぶことができなかったら。心置きなく没頭できる場所を抜きに、それぞれの文化の裾野は、今のような広さにはなっていないはずだ。〔…〕だから読書にも、そういう場所があったほうがいい」(本文より)

続きを読む
提供開始日
2020/07/22

セーフモード