黒死病 ペストの中世史

ジョン・ケリー 著/野中邦子 訳

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ある日、人びとは「この世の終わり」が来たことを知った――14世紀の欧州を覆い尽くした史上最悪の疫病に、あらゆる角度から迫った克明な叙事詩。目 次はじめに第一章 オイメダム――さまよう病第二章 「やつらは怪物だ、人間ではない」第三章 恐怖の跫音第四章 シチリアの秋第五章 ヴィラーニかく記せり第六章 テンプル騎士団総長の呪い第七章 新しいガレノス医学第八章 死という日常風景第九章 頭を西に、足を東に向けて第十章 ユダヤ人大虐殺第十一章 「ああ、信仰薄き者たちよ」第十二章 始まりの終わり後記 黒死病はペストではなかった?

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/26Posted by ブクログ

       1347年からヨーロッパを襲った黒死病に関する一代絵巻的な書。中世ヨーロッパの終焉を齎らしたとも言われるペスト流行時の状況を、主にイタリア、フランス、イギリスについて、同時代人による年代記や書簡、回...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002412874","price":"1540"}]

    セーフモード