【最新刊】Third thinking 最先端の脳科学・心理学研究が証明した“最強の思考法”

Third thinking 最先端の脳科学・心理学研究が証明した“最強の思考法”

著:影山徹哉

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私たちの日常は、選択の連続である。一説によると、1日に平均70回の意思決定をしているという。では、私たちは日々、どのように「意思決定」をしているのか――?“人間の思考(意思決定)”については、昔より心理学をはじめとして、とくに「行動経済学」という分野において、研究がされてきた。特に、ノーベル経済学賞を受賞した、アメリカの行動経済学者ダニエル・カーネマンは、人間の思考には、・1 速い思考(システム1)/直観的に素早く決める・2 遅い思考(システム2)/じっくり考えて決めるの2つがあるとしたが、近年、最先端の科学では、このほかに「システム3(第三の思考)~Third thinking」があることが提唱されている。この「システム3(第三の思考)~Third thinking」こそ、本書で紹介する“無意識思考”である。無意識思考、その今までの研究結果、ビジネスでの活用の仕方など、無意識思考の脳科学研究については世界的トップランナーとして知られる影山氏が解説した一冊。■目次●プロローグよりよい人生を送るために――最先端の科学で提唱された最強の思考法〈Third thinking~無意識思考〉●第1章 その「選択」は最善か?――人生は一つひとつの意思決定で成り立っている・日々、何かを選択し続けている私たち・思考にも“アクセル”と“ブレーキ”がある・それぞれが「最善な答え」を用意する“古い脳”と“新しい脳”・80年以上にもわたって研究された“ビジネス”と“思考”から見えてくるもの・思考法にも“各国の文化”が反映されている●第2章 これからの時代をどう生き抜く?――必要不可欠かつ最強の思考ツール「無意識思考」●第3章 世界最先端の研究でここまでわかった!――「無意識思考」で一体何ができるのか●第4章 問題について“注意”を向けているか否か――「意識思考」と「無意識思考」という2つのモード●第5章 目的を明確に、情報を十分に仕入れる――「無意識思考」をうまく活用する●第6章 第三の思考で人生は変わる!――“創造性”は人間が持つ最高の知性●エピローグ無意識思考は誰にも与えられた、より人生を豊かにする“最強の思考法”だ!■著者 影山徹哉京都芸術大学客員教授経営脳科学者、博士(医学)東北大学経済学部、同大学院研究科博士課程前期修了。東北大学加齢医学研究所人間脳科学研究分野研究員を経て、現職。専門領域は、脳科学、コーチング心理学、経営心理学。大学教員を務める傍ら、高校生向けの講義、一般向けの各種講演、個人コーチング、法人向けコンサルティングを行うなど幅広く活動している。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/07/23
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    ビジネス
    • Third thinking 最先端の脳科学・心理学研究が証明した“最強の思考法” 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      Third thinking 最先端の脳科学・心理学研究が証明した“最強の思考法” 全 1 巻

      1,650円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • Third thinking 最...
      ネタバレ
      2020/09/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • Third thinking 最...2020/10/14Posted by ブクログ

      思考の整理学 でも出てきた考え

      ふとした瞬間のひらめきこそ、本書で語られている第三の思考である

      ジョギングしてる間も第三の思考は働くかな?

    • Third thinking 最...2020/07/04Posted by ブクログ

      休憩や別の作業をして、一度問題から離れてもその間に脳は思考していて、適切な判断ができるということをエビデンスをもとに紹介している。が、この系統の話がどうしても信じられぬ。
      確かに、一度離れることでアイ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード