【最新刊】古道具 中野商店(新潮文庫)

古道具 中野商店(新潮文庫)

川上弘美

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東京近郊の小さな古道具屋でアルバイトをする「わたし」。ダメ男感漂う店主・中野さん。きりっと女っぷりのいい姉マサヨさん。わたしと恋仲であるようなないような、むっつり屋のタケオ。どこかあやしい常連たち……。不器用でスケール小さく、けれど懐の深い人々と、なつかしくもチープな品々。中野商店を舞台に繰り広げられるなんともじれったい恋と世代をこえた友情を描く傑作長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/07/17
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2012/04/11Posted by ブクログ

      東京の西の近郊の町で
      古道具屋を営む、
      女にだらしなく浮き世離れした
      中年親父の中野さん。


      語り部であり
      主人公の
      中野商店アルバイト店員のヒトミさん。


      同じくアルバイトで
      右手の小指の先がな...

      続きを読む
    • 2008/03/04Posted by ブクログ

      年の離れた4人というのは、古道具屋を営む中野さんというおじさんと、中野さんのお姉さんで50代のマサヨさん、中野商店でバイトというか手伝いをしているタケオと、私ことヒトミさん、の4人。マサヨさんが、なん...

      続きを読む
    • 2013/01/24Posted by ブクログ

      川上氏のなかでは、ゆるいお話。
      相変わらず仕草ひとつひとつの描写が奥深くて少し重い。
      でも、このお話は骨董屋さんの日常を淡々と語った軽い仕上がりになっている。

      ちょっとどろどろした川上作品に慣...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002411999","price":"649"}]

    セーフモード