【最新刊】満州アヘンスクワッド 3巻

満州アヘンスクワッド

鹿子 原作:門馬司

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「僕が必ず彼女を自由にしてみせる‥‥!!」 アヘン増産のため、密売拠点を熱河省に移した勇と麗華。販路拡大に不可欠な「売人」を仲間に加え、護衛を獲得するため訪れたモンゴル民族のもとでは四ヵ国語を操る「通訳」も獲得。一行はいよいよ大都市・新京へ。手始めに満州映画協会をターゲットとして潜入を開始するが、その新作披露パーティーでスター女優・李姚莉の逃亡に遭遇する。実は彼女は中国人女優として偽りの人生を送らされる日本人だった。勇は彼女を手助けすることを決めるが、消えた満州のヒロインを追い、彼らのもとに青幇の刺客が迫っていた‥‥!!

続きを読む
ページ数
195ページ
提供開始日
2021/02/10
連載誌/レーベル
コミックDAYS
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • 満州アヘンスクワッド 全 3 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    満州アヘンスクワッド 全 3 巻

    2,079円(税込)
    20pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(24件)
  • 1巻
    2020/08/15

    悪い日本人しか出てこないなぁ(笑)

    久々に物凄い熱量を持った漫画を見た。

    舞台は満州、昭和12年。
    ケガにより兵役を解除となった勇が願うのは、家族とともに日本に帰り「米」を作る平和な暮らし。
    そん...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 1巻
    2021/04/20
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 1巻
    一番乗り
    2021/02/11
    移民は悪という点は正しい

    先住者だけで生活していたところに勝手にあとから移民がやってくるのは先住者にとっては悪だし、自分たちの生活圏を脅かされるし、経済も蚕食される。それも力を持った移民がやってくれば、対等な関係にはならないか...

    続きを読む
    腐れ精薄 さんのレビュー
他のレビューをもっと見る

セーフモード