【最新刊】襲撃犯

襲撃犯

安生正

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自衛隊崩壊!?超弩級のパニックサスペンス!(『Tの衝撃』改題・改稿)奴らは躊躇なく引き金を引き、迷わず喉を切り裂く!張り巡らされた陰謀――誰も、何も信用するな!碓氷峠で自衛隊の重装輪運搬車が襲撃された。自衛官惨殺、プルトニウム燃料強奪。鮮やかすぎる手口だ。同時刻、飛騨山中で地震観測所へ向かう車が土石流に流された。情報部・溝口と地震研究者・八神は、事件に巻き込まれる。外国人社長殺害、陸幕長襲撃、防衛医大病院爆破……。犯人の正体と目的とは? 不器用な男たちが、愚直に真実を追う!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/05
    連載誌/レーベル
    実業之日本社文庫

    レビュー

    • 襲撃犯2020/08/22Posted by ブクログ

      序章
      第一章 陰謀の扉
      第二章 暗黒への階段
      第三章 死神の羽音
      第四章 トリニティの軌跡
      終章

      自衛隊の輸送車が襲われ警護車・隊員共に全滅。
      犯人は一体どこの誰か。
      襲撃場面はショックの一言。調査...

      続きを読む
    • 襲撃犯2020/08/08Posted by ブクログ

      安生正『襲撃犯』実業之日本社文庫。

      軍事サスペンス小説。『Tの衝撃』を改稿、改題し、文庫化。

      飛騨山中で地震観測所へ向かう東亜大学理学部付属地震研究所の研究者の搭乗した車が土石流に流される描写が描...

      続きを読む
    • 襲撃犯2020/10/29Posted by ブクログ

      国内で再処理貯蔵施設行きのプルトニウムが強奪されて、というところから始まるスリラー。
      諜報部門が活躍する話なのに、わりあい荒事が多いという内容。
      007 的ではなく、上司の無茶ぶりで部内でだんだん浮い...

      続きを読む
    開く

    セーフモード