【最新刊】身分帳

身分帳

佐木隆三

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    映画監督西川美和が惚れ込んで映画化権を取得した、『復讐するは我にあり』で知られる佐木隆三渾身の人間ドラマ! 映画『すばらしき世界』(2021年2月公開)原案。復刊にあたって、西川美和監督が書き下ろした解説を収録。人生の大半を獄中で過ごした前科10犯の男が、極寒の刑務所から満期で出所した。身寄りのない無骨者が、人生を再スタートしようと東京に出て、職探しを始めるが、世間のルールに従うことができず、衝突と挫折の連続に戸惑う。刑務所から出て歩き始めた自由な世界は、地獄か、あるいは。伊藤整賞を受賞した傑作ノンフィクション・ノベル。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/07/15
    連載誌/レーベル
    講談社文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(19件)
    • 身分帳2020/07/16Posted by ブクログ

      佐木隆三『身分帳』講談社文庫。

      1993年に刊行された伊藤整賞受賞作の傑作ノンフィクション小説。『すばらしき世界』というタイトルで映画化が決まったことから、めでたく復刊の運びとなったようだ。

      事実...

      続きを読む
    • 身分帳
      ネタバレ
      2021/02/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 身分帳2021/03/01

      「すばらしき世界」を観て原作を読みたくなり読み始めました。 
      西川監督は時代を現代に移しながらもほぼ忠実に山川の物語を三上として描いていて、それだけに胸に迫るものがありました。ただ山川が孤児院で自分の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード