法廷遊戯

五十嵐律人

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第62回メフィスト賞、満場一致で受賞 森博嗣に憧れた天才司法修習生が描く、感動と衝撃の大傑作ミステリー! <あらすじ>法曹の道を目指してロースクールに通う、久我清義(くがきよよし)と織本美鈴(おりもとみれい)。二人の“過去”を告発する差出人不明の手紙をきっかけに、彼らの周辺で不可解な事件が続く。清義が相談を持ち掛けたのは、異端の天才ロースクール生・結城馨(ゆうきかおる)。真相を追う三人だったが、それぞれの道は思わぬ方向に分岐して――? 2020年7月、エンタメ界に激震をもたらす長編法廷ミステリー! <担当編集者より>著者の五十嵐律人さんは若き現役司法修習生です。応募作を手にしたとき、多忙であろうそんな人が、どうして小説を?と不思議でしたが、読後、あまりの面白さと新人離れした書きっぷりに、絶対にこの小説を刊行したい!と興奮しました。小説と法律、どちらに対しても確かな知識と情熱を持ち合わせた稀有な作家に、ぜひご注目ください!

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/08/05Posted by ブクログ

      単なるリーガル系のお話かと思っていました。いろんな伏線の中に、社会の理不尽な実情もあり、ちゃんと着地したと思っていたら、思いがけないラスト。退屈することなく楽しませてくれました。

    • 2020/07/16Posted by ブクログ

      てっきり、あらすじを見る限り、ロースクール時代を中心とした物語かと思っていました。
      しかし、この作品は2部に分かれていて、ロースクール時代が第1部で、そして第2部は、時が経ち、ある殺人事件を中心にした...

      続きを読む
    • 2020/08/05Posted by ブクログ

      専門的な分野の話もきっちりわかりやすく、ストーリー展開の面白さ、所謂エンタテインメント性もしっかり持ち合わせ他作品と思いました。デビュー作とは思えない作品。

      主人公正義(セイギ)が通うロースクールで...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002408157","price":"1430"}]

    セーフモード