【最新刊】インドネシア大虐殺 二つのクーデターと史上最大級の惨劇

インドネシア大虐殺 二つのクーデターと史上最大級の惨劇

倉沢愛子 著

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一九六○年代後半、インドネシアで二度のクーデターが起こった。事件発生の日付から、前者は九・三○事件、後者は三・一一政変と呼ばれる。この一連の事件が原因となって、独立の英雄スカルノは失脚し、反共の軍人スハルトが全権を掌握する。権力闘争の裏で、二○○万人とも言われる市民が巻き添えとなり、残酷な手口で殺戮された。本書は、いまだ多くの謎が残る虐殺の真相に、長年に及ぶ現地調査と最新資料から迫る。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/07/10
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    • 2020/07/26Posted by ブクログ

      1965年から1996年の間にインドネシアで起こった政変 そして大虐殺がどの様なものだったかよくわかった

    セーフモード